89332471-s   4b5afd50-s

通常ロフトは、小屋裏の一部を使って計画するのが一般的です。
しかし それではロフトの位置が高くなり昇降しにくく、とても使いにくいスペースと
なってしまいます。(2.5~2.7m位になってしまします。)

『子供室の延長に・・・』 『書斎に・・・』 と思って計画したのに、昇降しにくかったら
元も子もありません。使わないスペースは物置になりがちです。

そこで、少し工夫をしてあげて、ロフトを低く下げてあげましょう。

今回の例では、主寝室にある書斎としてのロフト。主寝室には、ウォークインクローゼットを
配す家も増えてきました。そこで、ロフトの下にウォークインクローゼットを配します。

ウォークインクローゼットの天井高はそんなに高くする必要は
ありません。人が入れる程度、1.8~2.0mあれば、十分です。
そうすれば、ロフトが下がってきて昇降し易くなりますよ。

写真(左)は、ロフトです。ロフト床面は2.1m位ですよ。
写真(右)は、ロフト下のウォークインクローゼット。十分使えますよね。