23e374d2-s

基礎と土台の間に入れる土台パッキンです。

全周換気という事から多くの会社が当たり前のように使っています。以前の換気口は均等に換気が難しく基礎の角地滞留部分が出来てしまったり、換気口部分が構造上弱い部分となり不利になる部分が多かったです。

土台パッキンは、そんな不利な部分を解消するには良いと思います。しかし、適当に入れれば良い訳ではなく 写真のように柱の下の部分には必ず入れなければなりません。そうしなければ、柱を伝わってきた上部加重を上手く基礎に伝えられないからです。床下換気に関する措置はその他にもありますが、行われていない業者が多いですね。しっかり、措置をしないと均等に換気できませんよ。

意味が分からず 入れている業者も中にはいますから、しっかりチェックして頂きたい項目ですね。上棟してすぐならパッキンは比較的見易いので、見て下さい。無ければ入れてもらって下さい。上物があっても入りますので。