a0e366d4-s

外壁の下地です。工事中しか見られない部分です。

躯体(柱や梁などの構造部分)に透湿防水シートを張ってその上に胴縁となり この胴縁に外壁を張っていきます。

写真のように胴縁を横に付ける場合は通気用に一定間隔毎に隙間を開けなければいけませんが、写真では通気胴縁といって胴縁自体にすじが入っている物を使っています。

よーく見てもらうと分かりますが・・・。凸凹になっているのがわかりますかね。

通気はしっかり取ってもらわないと湿気を上手に逃がす事が出来なくなり躯体を痛める事になります。工事中なら確認し易い場所なのでしっかりチェックして下さいね。