勉強の為に、施工者向けの雑誌を定期購読しています。本屋さんには売っていません。
今回の記事で『住宅用建材の値上げ』という記事がありました。

2年程前位から確かに建材は上がってきています。原油高中国での需要の伸び
より建材コストが少しずつ上がっているのが現状です。

私はずっと建築に携わっているので建築費が上がっているのが良く分かります。
ですが、家を建てる方は、その時の相場で建てるので上がっているのかどうかは
分からないです。2年位前に同じ家を造った場合、金額の差ビックリされると
思いますよ。今年6月から着工物件には、消防法により火災報知機の設置も義務に
なりますし・・・。建設コストが上がる要素がいっぱいです。

よく、『もう少しお金が貯まったら家作りを考えたい』という方もいらっしゃいますが
今後は、金利も上がっていくでしょうし、建材も上がると思われます。そう考えた時、
貯めた資金は、金利や建材の値上がり幅に喰われる形になりそうです。
『建てたいと思った時が建て時』 となるのでしょうか。

現在、分かっているメーカーの値上げ実施時期や値上げ幅を参考までに以下に
列記したいと思います。

【INAX】タイル建材:4月から2~7%
【TOTO】衛生陶器、水栓金具、タイル:7月から3~7%
【トステム】住宅用建材(サッシ等):5月から8~14%
【不二サッシ】住宅用建材:4月から10~15%
【松下電工】照明器具:4月から10~20%
【YKK AP】住宅用建材:4月から約10%

などなど。今後、他メーカーも上がると思われます。10%上がるのも多いですね。
住宅コスト全体的にが10%上がったら2000万円の家で200万円も上がる事になります。
困ったものです・・・。