今日は『刈谷市の家』の現場へ。断熱材の入れ方に不備があり、指摘させていただいていた箇所の是正が終わったと連絡がありましたので確認しに行ってきました。梁の下の部分などグラスウールが下がってしまい隙間のある箇所がありましたので 断熱材を補填してもらったりと 隙間なくきれいに入れていただけました。

%e6%96%ad%e7%86%b101

写真は外部に面して付いている金物に発泡ウレタン断熱材を吹き付けてあるものです。鉄は熱が伝わりやすく冬は外部で冷やされた金物が内部の温かい空気に触れると結露してしまう可能性もあり結露した場合、長い年月で錆びると耐震性にも関わってきますので 結露防止のために発泡ウレタンを吹き付けて措置を施しております。

%e6%96%ad%e7%86%b102

屋根断熱材も突き付け部分に全て気密テープを貼っていただきました。こちらもきれいに入れ直してもらいました。これで断熱に関してはOKですので 壁、天井共に壁下地であるプラスターボードを張っていきます。プラスターボードを張ってしまうと 断熱材のチェックが出来なくなるので 張るのを待ってもらってました。これで一気に作業も進みそうです。