8c2c0dba-s

最近では、和室を単体で設けるのではなく畳コーナーとしてリビングにつなげる形が増えています。

4.5帖の単体の部屋ですと狭く感じますが、部屋と部屋をつなげると広く感じますし、有効に使える部屋になると思います。部屋の間口が全部開くと一つの部屋の様に使えますね。

また、客間として計画するのではなく、普段使える部屋にした方が、狭小住宅を作る場合は、良いと思います。写真の畳コーナーも書斎を兼ねていますので、堀コタツの様に机を備え付けてます。

普段はくつろいでゴロゴロしながらテレビをみたり、パソコンがしたくなったら、机に向かって作業、お客様が泊まる場合は、障子で仕切ってあげれば個室として使えます。1つの空間の用途を2つ3つと兼ねてあげる事で、小さな家でも 大きく有効に使えると思いますよ。