今日は朝から山梨県の『八ヶ岳の家』の現場へ行ってきました。遠くて何度も行けないので 普段は現地の監督さんにお願いして写真を送っていただき確認させて頂いております。重要な箇所のみの監理になってしまいますが しっかりと確認させていただきました。

img_1456

断熱材は全てに入っておりました。標高が1,000mを超えると屋根の結露もしっかり考慮しないといけないそうで こちらとは少々違う断熱材の納めとなっております。翔・住空間設計でも断熱にはこだわって計画をしておりますが寒冷地ならではのノウハウみたいなものがあり 色々とお話を聞かせていただき勉強になりました。お話していただいたことをヒントに 私なりに断熱仕様を考えていきたいと思いました。こちらの作りとは違う部分も多く 現場へ行って見させてもらうのが楽しいですね。

img_1458

寒冷地ならではの薪ストーブも当然の事ながら付きます^^ 屋根に煙突が付いておりました。床材には地元の赤松を使用した無垢のフローリングで梁等も化粧で出ていて木の家です♪ペンションの様な家になると思いますので完成が楽しみです。八ヶ岳は だいぶ涼しくなっていましたよ。次回は10月に伺う予定ですが 紅葉がきれいかな。遠いですが現場へ行くのが楽しみな物件です♪