68a064be-s

今回は筋交いについて。筋交いとは柱と柱の間に入っている斜材のことです。主に水平力に対して作用します。

筋交いの配置ですが、多く入れれば良いという物でもありません。全ての壁に筋交いを入れたりする意味不明な設計士もいます。力の流れ考えてバランスよく配置してもらいたいですね。

南側には光を取り入れる為に大きな開口が出来てしまいます。デザインも大切ですが、丈夫な建物とする為にも構造も考慮して下さいね。