仕事の合間を見計らって、市から委託されている『耐震診断』に出掛けています。
もちろん 『耐震診断員の登録』 をしています。

市の中心地から離れた場所は古い家が多く その地域に出向き診断してます。

どの家もそうなんですが、昔ながらの『田の字』の間取りが多く、壁の量が極端
少ないです。診断しても 『やや危険である』『倒壊または大破壊の危険あり』
判定が出てしまいます。
しかし、小屋裏などを見させてもらうと立派な丸太の梁が掛かっていたり、壁なんかも
しっかりした造りではあります。昔の職人さんは 良い仕事をされているなーと感心します。
今、こんな立派な造りの家を建てたら一体いくら位になってしまうんでしょうね。