129dcd65-s

配筋検査も無事に終わり、ベース部分のコンクリート打設です。配筋検査では、鉄筋の太さの確認や間隔の確認、補強筋位置の確認などを行ないました。

コンクリート打設は しっかり、バイブレーターも使い作業の状況も問題ありませんでした。締まったコンクリートになり、強固な基礎になりますね。

これで一定の養生期間を置いて、次は立上り部分コンクリート打設になります。上棟に向けて、順調に工事は進んでいます。この調子で天気がずっと晴れてくれるといいですね。