3e2bb3dd-s

小屋裏の様子です。斜めに入っている材は 『雲筋交い』 といいます。水平力に対して働く部材です。

1階、2階部分の壁には筋交いが入りますが、小屋裏にはその様な耐力壁が設けられないので、この様に斜材を入れます。

屋根の流れ方向は、比較的強くなりますが 妻側方向は水平方向に対する物が少ないので この雲筋交いが有効になってきます。上棟後は、見える部分ですのでしっかりチェックしてみて下さいね。