dbe1eb18-s

基礎配筋工事が始まりました。防湿シートも敷き込まれ湿気対策も万全です。

木造住宅基礎で使う鉄筋の太さは、10、13、16mm の3種類になると思います。使う鉄筋の太さによって配筋する間隔が違ってきますよ。

10mm鉄筋のみで造る基礎もありますし、13mm鉄筋のみの基礎もあります。家を建てられる方は、どんな基礎の仕様かご存知ですか?
仕様の他にも、立ち上がり部分の配置も重要となります。

基礎がしっかりしていないと、建物をどんなに丈夫に造ってもダメですから。
見えなくなってしまう箇所ですので しっかりとした監理が必要になりますね。建築業者任せの施工で大丈夫ですか?