前々回にロフトの工事風景がでましたので今回はロフトについて。

家を計画される時、ロフトをどのように考えられているのでしょうか?
意味を持たせて計画しないと使いづらく物置スペースになりがちです。
しかも、断熱計画もしっかりしないと 屋根面直下の部屋ですから ただただ
暑いだけの部屋となってしまいますよ。

狭小住宅で子供室など大きな部屋が取れない場合などロフトを寝るスペース
書斎のスペースにする等が考えられます。ロフトは縦方向の空間として
考えられるので部屋の面積を増やす手段としては有効だと思います。

今回の計画でもそうですが4.5帖の部屋に使い易いように高さを抑え使える空間と
してロフトを配しています。4.5帖でもロフトを配する事により天井高もたかくなり
部屋も狭く感じません。

ロフトの高さを2.1m程にしてその下はクローゼットにしています。
天井の上のロフトはロフト梯子が3m近くなり、上り下りも大変ですよ。
そのように高い位置になってしまう場合はロフトは物置として割り切って使った方が
良いかもしれませんね。

平面だけでなく、空間として考えてロフトを計画すると小さな部屋でも使いやすい
スペースとなりますよ。