【こだわりつまった家づくり】のご紹介

cad7b8db-s

敷地間口4.6mに建つ狭小住宅です。名古屋市(都心部)なら珍しくない土地の間口です。
建物間口は、3.8mで、敷地の空地がほぼ無いので押し壁工法という特殊な建て方をしています。

外壁仕上げは、ジョリパッド塗りです。隣地に面する部分は、メンテが難しいので ガルバリウム鋼板を張っています。オール電化の家で貯湯タンク等必要ですが、敷地に置くスペースがありません。建物の奥に配置してしまうと何かあった時に対処出来ないので道路面に設置しなければなりませんので、R壁の裏に隠してあります。

21160875-s

日当たりを考慮して2階リビングですが、とても明るい気持ちの良い空間となっています。この様な厳しい土地でも工夫次第でこだわりの詰まった家は建てられますよ。