【こだわりつまった家づくり】のご紹介 

0b8c92c3-s

子供部屋のロフトです。計画当初はお子様が1人で将来的にどの様になるか分からないので二部屋に仕切れるような間取りとしました。仕切れるといっても9帖ほどの大きさで仕切った時に少しコンパクトになってしまうので空間利用できるようにロフトを設けました。

通常のロフトですと天井高さ位の位置にロフトが付いてしまい、上り下りが大変です。 ですから、普段使いやすいようにロフト下に勉強机が置けるだけの高さを確保して、ロフト床高を下げてあります。市販されている2段ベッドより少し高いくらいの位置となりますので寝床として使えます。ロフト部分にも窓を設置しましたので、朝日を受けて目覚められますね。風も通り明るく気持ちのよい子供部屋となりました。