864c6af8-s

セルローズファイバーを吹込む為のシートが張られました。この上に胴縁(壁下地)を打ち付け、壁内にセルローズファイバーを吹込んでいきます。

通常は、胴縁を無しでプラスターボード直打ち施工しますが 今までの経験上 胴縁を打ってからの方が、施工面、性能面が良い様に思われます。

セルローズ断熱材を採用し始めて 6年位になりますので、改善しながら色々工夫して施工をしてもらってますよ。建て終ってしまうと隠れてしまう部分ですが、それだからこそ こだわりを持って施工をしてもらっています。