『安城市の家』の現場へ行ってきました。屋根下地のアスファルトルーフィング敷きも終わり屋根葺き工事が始まりました。

アスファルトルーフィングの重ね代もしっかり確保されており良好です。屋根面が広いので屋根工事も時間がかかりそうです。

今回初めて使う屋根材です。基板はガルバリウムなのですがその表面に骨材のような物が吹き付けられている感じです。見た目は屋根瓦のような感じになると思います。とても軽いので地震時には有利ですね。

断熱補強の処理もしてありました。ボルト穴に発泡の断熱材を吹き込んでもらいます。このままでは外壁材の邪魔になるので出た分は切り取ります。外壁面にある金物は熱橋になりますので 内部で金物が結露することがあります。鉄の部分が濡れると錆びます。それを繰り返すと朽ちてボルトが折れたりすると大変ですのでこういった処理をするようにしております。

大工さんは今までの遅れを取り戻すために急ピッチに作業を進めてくれております。本格的に梅雨に入る前に建物を囲っちゃいたいですね。