『安城市の家』の現場へ行ってきました。外壁下地であるダイライト耐力面材は張り終えて内部の床下地こコンパネ張の作業が始まっておりました。

通常床下地のコンパネは上棟前に張る事が多いですが今回は 上棟時の天候が悪かったので 後施工にしました。下地してしまって雨が基礎内に入ると水を出すのが大変ですからね。床断熱は90mm厚の断熱材を使っております。スタイロフォームのような押出法の断熱材よりポリスチレン系の断熱材を使う方が当社では多いです。

金物もほとんどついておりましたので来週には金物検査をしたいと思います。