今日は朝から『西尾市の家』の現場へ行ってきました。昨日より断熱材であるセルローズファイバー断熱材の吹込み工事が始まっておりますのでその確認です。

9時少し前に現場に到着しましたが すでに作業は始まっておりました。ひと昔と違い 現場内はそれほど埃っぽくありませんね。吹込みの機械がよくなったのか技術が上がったのかは分かりませんが。

2階はすでに終わっていました。しっかり圧をかけて吹き込んでくれております。翔・住空間設計では壁下地の胴縁を打ち付けてからの断熱材の吹込み施工としております。

施工後のアップ。膨れているのが分かるでしょうか。断熱材の下がり防止にもなります。

浴室(ユニットバス)に接する室内壁面にも断熱材を入れるようにしています。浴室は基礎部分とつながる部分でもあるので翔・住空間設計では 浴室は外部扱いとして浴室廻りの壁と天井面には断熱材の施工をするようにしております。こちらもしっかり施工されておりました。これなら期待する断熱効果を得られますね。