玄関ホール


正面のR壁(丸い壁)は、アクセントになっていますが、R面にする事により
通常の角ばった壁よりやわらかく感じますし、ホール部分が広くなります。
視線を奥の廊下へと自然に導き空間として一体感を出す効果もあります。

玄関土間は、豆砂利洗い出し仕上げとなります。
内部の仕上に壁は、中霧島壁仕上げ、 天井は、シナ合板目透かし張りです。

床には、無垢フローリングを使用しています。このフローリングは、木の素材感が
出る 『浮造り仕上』 となっているので触った感触がとても良いです。

車椅子の使用を考慮し玄関にもスロープを設け、廊下幅も広く取ってあります。
廊下には、手摺がいつでも付けられる様に下地が入れてあります。