外観南側。

外観は 『和』 の装い。純和風の鬼瓦や和瓦を使わず スタイリッシュな平板瓦の燻し銀を採用。
化粧の母屋や垂木など木の部分が少しだけ出るようにデザインしています。
大きな窓を配し日当たりは抜群です。






愛知県安城市の設計事務所

翔・住空間設計

Copyright(C)2015 Sho-jukukan. All Rights Reserved.